震災を機に福島に移住してシェルターを開設した 暑苦しいハッスル(死語w)オヤジの日記
その1121 素晴らしいコンサート
2012年02月19日 (日) | 編集 |
チャリティコンサートに行ってきました。

本当に素敵なコンサートでぞくぞくしながら聞いているうちにプログラムがあっという間に終わってしまいました。

出演してくださった皆様ありがとうございました、お客さんもみなさんとっても感動されていました。

俺もところどころジーンとかしてて・・・

とにかくみなさん トートバッグスのみなさんありがとうございました。

次のコンサートも必ず出席させていただきますので よろしくお願いします。


いろんな人たちがいろんな所で応援してくれている。

本当にありがたい事です。

にゃんだーガードがこうして動物たちを助けることができるのもみんなのお陰。

まだ圏内には推定約1000頭の動物たちが残されています。

何とか命をつないで救出していきたいと考えています。

そして そのための受け皿も順調に出来上がってきています。


今日も特餌隊が猫を二頭レスキューしてきました。

にゃんだーガードはいつも気を緩めずにどんどん進んで行きます。

再来週には俺自身が指揮をとってもう一度大々的な救出作戦を敢行する予定です。

国や県が何かするのを待っていたのでは到底間に合いません。

必要なのは今行動することです。


年末に設置した自動給餌器はとても有効に役に立っています。

設置以来、給餌器はすごくたくさんの命をつないできました。

そのことは給餌器の中身の減り方を見れば一目瞭然なのです。

誰が何を言おうと、給餌器の存在そのものが動物たちの命の支えであるということ。

それだけたくさんの動物たちが給餌器から食事をとっているという事実。


圏内に設置された自動給餌器は全部で100個。

そのうち40個は40キロ入りで合計1.6トン、60個が20キロ入りで合計1.2トン。

100個合わせて2.8トンものフードをしっかりとキープし、食べに来た動物たちに少しづつ、でも確実にフードを
提供していました。


現在はいくつかの団体で圏内の自動給餌器にフードをチャージしてして命をつなぎ続けています。

自動給餌器がある場所では動物たちはあまり遠くには行きません。

つまり、レスキューの時に捕獲器が効率よく設置でき、保護する側にも時間的にも有利に働くのです。



でもやっぱり寒いところにポツンといたら、ごはんはあっても病気になった時に誰にも診てもらえない。

そうしたらジュリみたいにせっかく救助しても手遅れで、儚く星になってしまうかもしれない。

そんなのいやだ!

絶対に嫌だ!

いつまで待ったら許可が出るんだろう?

いつになったら動物たちは安心できる場所に行ける?


許可なんて待ってたら命がどんどん消えてしまう。

そんなの待っていられない!

儚い命が消えてしまうその前に 俺たちが救わなきゃだめなんだ!

こうなったらまた特餌隊を編成してガンガン出動させてやる!



そこで 特餌隊の新隊員を募集します。 ※ 面接あり 

募集条件・・・運転手=レース経験がある事(特にオフロード)

       隊員=地図が読めること もしくは犬を捕まえられること

どちらも人並みの理解力があり、指示が一度で理解できること

指示以外の勝手な行動を取らないこと

報酬は一円もありません

作戦の状況によっては食事抜きのこともあります。もちろん温かいものなんて食べられません。


それでも参加したいという奇特な方は 080-4371-7573 ぶたまる(本多)までお電話ください。

勇気と根性のある方からのお電話お待ちしています。



鳴かぬなら 自分で鳴こう ホトトギス!

もし俺が四人目の天下人だったら、こう詠まれたかもw

さあ! どんと来い!

とことんいくぞ!


にゃんだーガードはとことん最前線で頑張りますので

みなさん! バックアップよろしくお願いします。




前進を続けるにゃんだーガードに応援おねがいします。

あなたも動物たちのために小さな一歩を踏み出しませんか?

どうかあなたの時間や力を動物たちのために少し貸してください。


あなたにも やれば できる!!

合わせれば 小さな力も 大きな力!!




応援お願いします!

第二シェルターはとても大きいのだけど古くてぼろいので光熱費が半端なくかかります。

シェルター維持のためにぜひ応援お願いします。

一日100円として月に3000円のご支援をお願いできないでしょうか?

細くとも長いご支援をぜひお願いします。

読者のみなさん! 動物たちのためにどうかご協力よろしくお願いします。


第二シェルター完全稼動に向けて全力工事中!

支援物資は第二シェルターへ送付お願いしますm(_ _)m

〒963-7733
福島県田村郡三春町山田字福内100-1
動物救護隊にゃんだーガード
TEL 0247-73-8915



お願いリスト

もしご家庭の不要品の中にあってご支援いただけたらとても助かります。
みなさんのご家庭では使わないものであっても、シェルターにとってすばらしいプレゼントになります。
ぜひ見てみてください。

灯油ファンヒーター 冷蔵庫 冷凍庫 整理タンス 食器棚 本棚 ロッカー 会議机

タイルカーペットたくさん 引き出し式衣装ケース 掃除道具


ぜひ応援お願いします。



なにより欲しいのは、熱い心のボランティアさんです。

犬猫の世話、DIYや料理が得意なあなた! ぜひ一歩をふみ出して力を貸してください。



熱い常駐スタッフさん熱烈募集中!  安いけど給料でますw


怖がり猫の 人馴れ訓練してくれる一時預かりさん急募!


~被災動物を家族に、と考えてくださっている方へ~

保護動物の情報は にゃんだーガード@福島 を、一匹一匹の様子はボラさんによる 保護動物日誌
見てください。



  RP_banner.jpg
 
少しでも多くの人に見てもらいたいのでクリックお願いします。

FC2ブログランキング その他へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 人気ブログランキング ペット(猫)ブログランキングへ 3つクリックしてくれた方には、ぶたまるが夢でお礼にうかがいます
大変申し訳ありませんが、夜も多忙のため当分このサービスは中止していますが ポチはよろしくお願いします^^;
特餌隊! 出撃用~意!!
テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/20(Mon) 01:48 |   |  #[ 編集]
素晴らしい演奏でしたね!
私もコンサートで感動をいただいた一人です。
今回は、何も事情を知らない友人を連れていきましたが、大満足してくれました。
にゃんだーさんの事も動物達の現状も詳しく知らない友人だったので、皆さんの活動の様子を映像で流してくださった事は、言葉で説明する以上に理解してもらえたと思っています。

金銭的・物理的な支援しか出来ないのが心苦しいのですが、皆さんのパワー溢れる救護活動に、少しでも協力出来るよう、私も東京で頑張ります。
どうか皆さんの努力と熱意が報われますように。
2012/02/20(Mon) 02:11 | URL  | ちず #-[ 編集]
特餌隊の新隊員募集に即、名乗り出たいけど……

レースの経験はないけど、地図は、大好きでバッチリよめるし、
ワンもバッチリ大丈夫、噛まれたとしても平気だし、
食事なんてなくても平気!冷たくたって、まったく問題ない平気!平気!

度胸も根性もバッチリ大丈夫!
おばちゃんパワーで!

すぐにでも名乗り出たいのに……

だけど……
若さが欲しい!
体力が欲しい!

やれ腰が痛いの、足が痛いの、膝が痛いの……
判断能力は、鈍ってきてるわ、
ん??が多くなってきてるわ……
の、脳みそも体力もご老体まっしぐらの今日この頃……

残念です。
気持ちだけは、隊長さんと皆さんのお手伝いします。

若者ぉーー!!
がんばれー!!ヾ(^▽^)ノ


2012/02/20(Mon) 09:53 | URL  | さつき #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/21(Tue) 14:06 |   |  #[ 編集]
コンサート、本当に素敵でしたね。
二時間があっというまに過ぎてしまいました。あらぁ、もう終わりなの?って残念に思いつつ会場を後にしました。
演奏してくださったにゃんピースやトートバッグスの皆様ありがとうございました。
わざわざ福島のにゃんだーの映像を流して下さったalltamuraの池田様(お名前合っていますか?)ありがとうございます。

改めてまだまだ終わらない現状に「少しの力も集まれば大きくなる」と言い聞かせて後方ですが頑張らなくてはと思いました。

にゃんだー特製自動給餌のおかげでおじさん宅の猫ちゃんが元気になってつれてこられたとのカキコミを見てとっても嬉しかったです。(始め見かけた時は弱っていても連れ出せない状況だったとか)。
まだまだ待っているわんにゃんが沢山。
行ける方は是非、私のようにシェルターに行けないかたは出来る形で応援してくださることを心から願っています。
2012/02/21(Tue) 15:19 | URL  | 大ママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック