震災を機に福島に移住してシェルターを開設した 暑苦しいハッスル(死語w)オヤジの日記
その1230 飯館村TNRの影
2012年08月30日 (木) | 編集 |
昨日の続きです。


60頭もの犬猫がいれば、当然妊娠中の子もいます。

でも俺は、妊娠中だとわかっても それでも予定通り避妊手術をすることにしています。

つまり堕胎です。


全部で37頭の胎児がいました。

その子たちは昨日、うねめの杜(動物霊園)さんに連れて行って供養していただきました。


DSCF1849 (640x360)


できることなら本当はみんな産まれさせてあげたい  でもその余裕がありません。

もし37頭生まれたら、今生きて苦しんでいる37頭を救う余地がなくなってしまうのです。

同じ命なのに何が違うんだと言われるかもしれません。

俺もそうだと思います。

でも まだこの世に生まれでてきていない(もしかしたら不幸にも生まれないかもしれない)命と
今既にこの世に生きて、被災地で苦しみつつも必死に生きている命
どちらかを選ぶとしたら・・・


妊娠しているとわかった瞬間、そして手術をしてもらうその時、手術が終わって何も知らず
眠ったままの母猫を見、お腹から取り出された胎児を受け取る時。

いつもとても苦しいです。

母猫にも胎児にも、手を合わせて冥福を祈りつつ謝るしかありません。


ごめんね

その代わり、既に生まれて一生懸命頑張って生きている仲間を命がけで守るからね と。


可哀そうだけど、にゃんだーガードでは母体に危険がない限り堕胎していく方針です。

できればそんな事したくない でも やらないと立ち行かない・・・

活動できる範囲には限界があります。

限界を超えたら活動の意義・目的を失いかねません。

だから既に生まれた命に力を尽くす事しかできない、そんな自分の限界がすごく悔しいです。

でも、やらないといけないから俺はこれからも続けます。



堕胎に関しては賛否両論あるでしょうが、俺はこの方針を今後も変更する気はありません。

また正しいとか正しくないとか決めることでもないと思うし、議論しようとも思いません。

保護活動をする人も支援する人もそれぞれが、自分の考え方で活動し支援すればいいと思います。

なのでこの件についてどういうコメントをいただいても、レスはいたしませんのでご了承ください。


堕胎を決めた俺が言うのも何ですが、できることならほんの一時この子たちのためにお祈りして
もらえたら嬉しいです。

心からそう思います。


今日は暗い話でごめんなさい。
テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/31(Fri) 08:10 |   |  #[ 編集]
ぶたまるさんの心の苦しさが伝わってきます。

できれば助けたい。
だけどどこかで区切りをつけなければと
自分で自分に言い聞かせ、
心の中で涙を流しながら、「ごめんね、ごめんね」と謝っている。

いろいろな意見もあるでしょうけれど、
どうか自分の信じた道を進んでいただきたいと願っています。
2012/08/31(Fri) 08:14 | URL  | きじ姫 #-[ 編集]
つらいですね、ほんとにつらいですね……。

37匹の子たちに、わたしも祈ります。
こんなことになってしまって、ごめんねと。
そして、ぶたまるさんたちのためにも祈ります。

ちょぼちょぼですが、応援、続けますね。
2012/08/31(Fri) 08:45 | URL  | みーちゃん #mQop/nM.[ 編集]
TNR、おつかれさまでした。
隊長さんの決断、悲しいことだけど、つらい選択だけど、現状では、やむを得ないと思います。
たぶん、福島に限らず・・・。

生まれてくる子がみんな愛されるようになるには、もっともっと人間が考え方を変えていかないと、ですよね。

2012/08/31(Fri) 09:47 | URL  | ゆうゆな #GG9s772o[ 編集]
辛い判断
いつも福島のワンニャン達のために活動をしてくださり、お疲れ様です。

堕胎の判断、とても辛いと思います。
正直私も、何が正しいかだなんて、
よくわかりません。
何と言ったらいいのか分かりません。
ですが、ぶたまるさんは胸を張って、
ご自分で選択された道を、突き進んでください。
2012/08/31(Fri) 13:25 | URL  | れおすけ #-[ 編集]
保護活動の辛いことのひとつですね。。。
今日はブルームーン。
子猫達にも、今までにお空へ帰った子達にも奇跡が起きますように祈ります。
2012/08/31(Fri) 16:09 | URL  | 海猫ママ(雪月花風) #-[ 編集]
お気持ち 充分にわかります。
心から祈らせていただきます。

この魂たちが次に生れ出てくるときは、安心して住める地球であることをブルームーンに願いながら・・・・・・
2012/08/31(Fri) 20:59 | URL  | キャットママ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/01(Sat) 01:34 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック