震災を機に福島に移住してシェルターを開設した 暑苦しいハッスル(死語w)オヤジの日記
その1268 残念な事
2012年10月24日 (水) | 編集 |
とても残念なことですが



こぶ次郎が昨日10/23午後一時に里親様宅で永眠しました。 

こぶ次郎は心臓に障害がありそれが原因で内臓障害も起こし

最期は点滴で命をつないでいたということです。

里親様には本当に最後までこぶ次郎を手厚く介護していただき

お預けした私たちは感謝の言葉しかありません。

里親様からのメールの抜粋です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


> 昨日の岩手は秋晴れの晴天で、こぶは外に出たいと言って、

> 彼のお気に入りの畑の木の下に寝そべりながら、ずっと山の方を見ていました。

> 結局吐いてしまいまいましたが、何か食べたいと言って豚肉とタラを食べました。

> きっと、最後の体力を振り絞って生きていることを満喫しよう思ったのだと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



里親様、本当に本当にありがとうございました。

こぶ次郎の冥福を祈りたいと思います。




こぶ次郎



テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
星になってしまった事はすごく残念で、すごく辛くて、かなしいです。

それでも、最後の時を一人で迎えるんじゃなくて、里親さんの愛に見守られながら迎えられて良かったという思いもあります。

今度生まれた時は迷わず里親さんのところに行くんだよ、こぶ次郎。

私たちもいつかはこぶ次郎と同じところに行くから、その時は会えるといいね。

にゃんだーの星組のみんなとお空で待っててね。
いつかまた会おう。
2012/10/24(Wed) 19:57 | URL  | ごろにゃんこ #-[ 編集]
こぶ次郎、とても残念です。
もう一度、会いたかったです。

でも最期を大好きなご家族に見守って頂けて、本当にありがたく、こぶちゃんも心強かったのではと思います。
ありがとうございました。
2012/10/24(Wed) 22:46 | URL  | うしちゃん #-[ 編集]
合掌
可愛い可愛い こぶ次郎。
いつも笑顔だった こぶ次郎。
最後も苦しまずに笑顔だったのかな・・・

優しい里親様ご一家のもとで温かい愛に包まれて暮らせて本当によかったです。
里親様、ごぶ次郎は幸せでした。
いっぱい愛してくださってありがとうございます。

こぶ次郎 おやすみなさい☆
2012/10/25(Thu) 12:30 | URL  | ディア・ママ #-[ 編集]
もっと長生きしてほしかったよ、こぶ次郎くん。

みんな愛に包まれて虹の橋を渡ったね。

こぶちゃ~ん、こぶ次郎くんをよろしく~。
2012/10/25(Thu) 18:44 | URL  | まり@新潟 #-[ 編集]
神戸から
最後の最後まで見届けて 悲しい話だけど
最後は幸せだったのがわかります 文字にしたら簡単ですが ご苦労もあったのに 何よりさみしいですね
だけど 幸せと安心と楽しかったのはわからます 世知辛いなかありがとうございます
2012/10/26(Fri) 05:22 | URL  | アン #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック