震災を機に福島に移住してシェルターを開設した 暑苦しいハッスル(死語w)オヤジの日記
その1526 今日のシェルター 2C部屋ご紹介
2014年06月21日 (土) | 編集 |
お知らせ

 今日行われる予定だった こげぱん の荼毘は明日の5時に延期になりました。


実は こげぱんには 里親さんが決まっていた。

そして、近いうちにお届けする予定だった!

のです。

昨日、記事を書いた後でその話が上がってきて、しかも里親さんが明日(6月22日)
シェルターに来るという。

昔から来てくれている常連ボラさんだ。

なので、その里親さんにもぜひ一緒に見送ってもらいたいから

大急ぎでドライアイスを用意して それから葬儀屋さんにもその旨伝えて延期してもらいました。

昨日の夜 そのボラさんから俺に直接電話がかかってきて

お互いに 

「ごめんね、ごめんね」

と言い合いました・・・

もう少しで幸せな暮らしが始まる

本当の家族ができるはずだったのに・・・


と思うと何とも切ないです。

せめてもの救いは

 新しい家族が直接見送ってくれる

 ことです。

だから今はこげぱんは傷まないように自分の体重とほぼ同じ重さのドライアイスに囲まれて安置されています。


そんな訳でこげぱんはまだお空には上がっていません。

明日の夕方5時からですので よろしくお願いします。

連絡が遅れてすいませんでした。



では今日の話題を


今日はシェルターの2C部屋の紹介です。

この部屋は ダブルキャリア猫ちゃんと 白血病猫ちゃん専用の部屋になっています。

お世話はスタッフだけで行う、一般立ち入り禁止部屋です。

これは万が一感染が広がらないようにするためにそうしています

この部屋に入るスタッフは 手足を確実に消毒してから更に滅菌ガウンと滅菌靴カバーを履いて
中に入ります。

そして、作業やお世話が終わったら 今度は滅菌ガウンと滅菌靴カバーを脱いで

また手足を消毒してから出て行きます。


ま、ごちゃごちゃ言ってないで動画いきます






まだまだ、シェルターは大忙しです。


さあ、頑張ろう!




ボランティアさん及びスタッフ緊急募集中!! 

現地に来れなくても、ネットで記事を更新するなどのお手伝いもお願いします。

いつもご支援ありがとうございます。

本当に感謝です。

事務ができるシェルタースタッフを大募集いたします。




スタッフブログです 「幸せへの栖(すみか)にゃんだーガード」是非読んでください。



ボラさん急募! 

現在にゃんだーガードでは日々の猫のお世話以外にも
たくさんの人手が必要です。
どうかあなたの力を貸してください。
特に平日、地元の方の力が必要です。
一日に2時間でも構いません あなたの力を貸してください。




にゃんだーガードのテーマソングです






お願い

活動を継続的に続けるためには資金が常に必要です。
またお世話等、一定の水準を保つためにスタッフを雇用して
いくにも、毎月かなりの費用が掛かります。
どうか細くても長い支援をお願い致します。
一日100円、月に3000円の寄付で猫1頭がひと月
幸せに暮らせます。



なにより欲しいのは、熱い心のボランティアさんです。

犬猫の世話、DIYや料理が得意なあなた!
 
ぜひ小さな一歩をふみ出して力を貸してください。

短時間・日帰り・短期・長期 どんな形でもかまいません!!

長期の方には個室があります、やる気のある方どうぞお気軽にご相談ください。



熱い常駐スタッフさん熱烈募集中!  安いけど給料でますw



~被災動物を家族に、と考えてくださっている方へ~

保護動物の情報は にゃんだーガード@福島 を、

一匹一匹の様子はボラさんによる 保護動物日誌 を見てください。





 
少しでも多くの人に見てもらいたいのでクリックお願いします。
FC2ブログランキング その他へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 人気ブログランキング ペット(猫)ブログランキングへ 3つクリックしてくれた方には、ぶたまるが夢でお礼にうかがいます
夜も多忙のため当分このサービスは中止してるけど ポチはよろしくお願いします^^;
 ちびっ子たちの新しい家族! 熱烈募集中~
テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/21(Sat) 22:22 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/21(Sat) 23:13 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック