震災を機に福島に移住してシェルターを開設した 暑苦しいハッスル(死語w)オヤジの日記
その1643 九州の馬島の事 その1
2014年12月18日 (木) | 編集 |
今日は雪です この所全然ブログの更新をしてなくてごめんなさい。

その間いろいろありまして 

順を追ってお話ししていきたいと思いますのでよろしくお願いします


IMG_6924 (640x480)


IMG_6927 (640x480)


IMG_6925 (640x480)


実はにゃんだーガードの今年最後のTNR作戦が終わったすぐ後に 

北九州市の馬島と言う島で 猫の全頭TNR作戦してきました。

もちろん今回はにゃんだーが主役ではありません。

今回はどうぶつ基金さんが全面的に出て来てくれて 結果 無事に作戦は成功しました。

当ブログでは今回の作戦の様子を時系列でお話して行こうと思います。


では、始まり始まり~


九州の北九州市にある小さな小さな島 

馬島(うましま)という島で 本当に今年最後のTNR作戦を実施してきた。

この島はとても小さくて たったの13世帯 40人しか住んでいません。

そこに85 頭もの猫がいるのです


もちろん島には猫が好きな人ばかりがいる訳ではありません

そんな馬島の事を本気で心配していた 一人の女性が にゃんだーのメンバーと出会い

心配な馬島の事を相談した

そこから 今回のプロジェクトは始まりました


俺に にゃんだーの超常連ボラであるTさんから その相談が初めて来たのが今年の10月の頭頃です

その時の相談では 

「人口40人の小さな島に 猫が100匹いて、これから大きな問題が起きそう 」



「だから TNRとかできたら したいのだけど・・・」


それなら にゃんだーでやってる方式で 

いつもの山口先生と後藤先生に相談して 手術をしてもらうしかない

と 考えた俺は とりあえず 今回の馬島のプロジェクトを立ちあげるように言って電話を切り

その後 一番いい方法は何か 考えた。


相談してきた人たちは 

「自分たちで寄付を募って何とか 全頭TNRしていきたい」

と言っていた

だが、 今から寄付を募っていては実行可能な金額が集まるのは

どう考えても 来年になってしまうだろう

また、冬の1月2月はとても冷えるのでTNRには向かない

だからと言って3月まで待ったら ほとんどの雌のお腹には

育った赤ちゃんがたくさんいるか、既に生まれているのは間違いない

となると TNRを実施する時期は 

年内の寒波が来る前 12月中旬までに行わなくてはならない



これが俺の結論だった。


早速 相談してきたTさんに 

時間が無くて急だけど12月中旬にTNRの実施日を設定する

と伝えた

彼女は大変驚き 

そんな短期間ではいくらなんでも 人は何とかなるかもしれないけど、

お金をあつめる事は出来ないと思う

と。

俺は 金はとりあえず俺が出すから とにかくやろう

と伝えた。


理由は先に書いたとおりで 時期的な問題 これが春になればたくさんの子猫が生まれてしまい 

結果 資金や人的な問題で実行不可能になってしまう可能性があった。

こういう事は 後手に回ってしまっては絶対にいけない 先手さえ取れれば後は何とかなる 

これが俺の考え方だ。

だから

俺は大急ぎでいつもTNR作戦の時に来てくれている

獣医の後藤先生に電話をかけ 事情を説明して

何が何でも 12月中旬に 4日間の時間を作ってほしいと頼んだ。

(行き1日 手術2日 帰りに1日)


が  

病院が忙しくて必ずしも要求に答えられるかはわからない 

なので 院長先生に直接話をした方が良いと思います 

と言う回答


しかたないので 山口先生に直談判して

結果 何とか後藤先生の日程の確保に成功!  やったね ^~^v


山口先生との会話の中で どうぶつ基金 という言葉が何度か出てきたが、

実は昔 にゃんだーで大規模TNRを初めて行おうとした時に あるボラさんが中に入ってどうぶつ基金さんと話をしたことがあった。

その時に 俺の名前を出したら断られた と言うことと 

どうぶつ基金さんにTNRを頼むと、動物の手術代は出してくれるけど

獣医の先生の交通費と宿泊費 ワクチンやフロントラインなどの薬品代はこっち持ちで

なのに どうぶつ基金さんに全部やってもらいました って書かないといけない 

と言われたと聞いたのだ。

なので 俺は(理由は知らないが)個人的に どうぶつ基金さんに嫌われているんだ と思い込んでいた。


だから 山口先生にその事を話したのだが、そうしたら 山口先生が 俺の話を 

どうぶつ基金の佐上理事長に話してくれたようで

後日 山口先生を通じて 

どうぶつ基金は 本多も にゃんだーも嫌ってないので一度電話ください。

お話ししましょう。


と言う伝言を頂いた。


そういう事ならどうぶつ基金さんから何か良いアドバイスがもらえたらうれしい

と思いながら早速電話してみたところ

佐上理事長と 話せば話すほど いろいろと感じる所があり

どうぶつ基金さんも動いてくれそうな予感がしてきた。


但し どうぶつ基金が動くとなれば 自治体からの要請が必要であることと

今回の規模で有れば 獣医2名で 手術は2日間とすること などの条件も出てきた。


それらの条件を満たすべく 俺達はそれぞれに動くのだった。


まず福岡市で精力的に活動していて俺ともとても仲の良い TNR-博多ねこのK会長に連絡し

その旨伝えて対応をお願いした。


俺は 山口先生に電話して とにかくスケジュール調整をお願いし 

どうぶつ基金の佐上会長には 既に日程は決まっていること

猫達の為にもこの日程より後は無い事、来年では遅い事などを話すと 

俺の立てたプランが今できるベストと思われるので 何とかその日程で進めよう

と言う事になった。


俺の方からは 最悪その予定日に間に合う時期で要請がもらえない時は 

最初のプラン (金は俺が出す) で行きます。

と伝えると それでは どうぶつ基金の立ち位置がなくなる ということで

ぎりぎりまで 頑張る事になった。


後日佐上理事長より嬉しい話が来るけど それはまた明日。



給餌用猫フード 本気で募集中!!

いつもご支援ありがとうございます
本当に感謝です

その上さらにで申し訳ありませんが
どうか引き続きご支援をよろしくお願いします
例えば一日100円一ヶ月で3.000円あれば猫1匹が一ヶ月幸せに暮らせます
細く長くのご支援をよろしくお願いいたします
   ↓
不足していてお願いしたい物資や支援金について




~保護動物を家族に、と考えてくださっている方へ~

保護動物の情報は にゃんだーガード@福島
一匹一匹の様子はボラさん・里親さんによる 保護動物日誌 を見てください




ボラさん常時募集中! 

にゃんだーガードでは猫のお世話以外にも
DIYや人間のお世話など、たくさんの人手が必要です
どうかあなたの力を貸してください
短時間・日帰り・長期、どんな形でもかまいません!
(長期の方には個室があります)

特に平日、地元の方の力が必要です
一日に2時間でも構いません あなたの力を貸してください

常駐スタッフさんも募集しています
ささやかですが^^;お給料もあります




~スタッフブログです~

「幸せへの栖(すみか)にゃんだーガード」是非読んでください
シェルター長のたけちゃんが書いています



にゃんだーガードのテーマソングです







 
少しでも多くの人に見てもらいたいのでクリックお願いします。
FC2ブログランキング その他へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 人気ブログランキング ペット(猫)ブログランキングへ 
3つクリックしてくれた方には、ぶたまるが夢でお礼にうかがいます
夜も多忙のため当分このサービスは中止してるけど ポチはよろしくお願いします^^;
   雪は冷たい・・・^^;  
テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/12/18(Thu) 12:39 |   |  #[ 編集]
Re: タイトルなし
鍵A様

いつも見に来てくれてありがとう。

今夏のプロジェクトは大きい とかではなくて 船とかに乗らないといけない

+ 島では僕のソフトバンクは使えなかった ;;

+夜は先生たちといろいろしなきゃ。。。w

だったので 更新ができませんでした。

でも、うまく行ってよかったと本当に思います。

2014/12/18(Thu) 16:29 | URL  | ドリアンぶたまる #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック