震災を機に福島に移住してシェルターを開設した 暑苦しいハッスル(死語w)オヤジの日記
その1681 明日に向かって
2015年03月12日 (木) | 編集 |
俺は名古屋生まれの名古屋育ち

震災が起きるまで福島に来たことは一度もない。

元々名古屋では のんびりと仲間達と捨て猫を助けていた。

時には仲間たちとヒーヒー言いながら 多頭崩壊の対応もしたりしてたっけ・・・

もちろん俺は独身ではないので、名古屋の家で嫁と猫達(保護猫もいるのでたくさんの猫達です)

と一緒に暮らしていた

でも あの地震が起きて

とりあえず東北に支援に行ったのが2011年3月末

宮城県に仮のシェルターを開いたのが2011年の4月半ば

宮城県のシェルターからでは福島県は遠くて不便なので 

福島県田村市にシェルターを開いたのが2011年4月末

その後 そのシェルターにコンテナハウス12軒リースで建てて使用してたけど

やはり 保護すべき猫達の数の事を考えると まだまだ能力不足を感じて 

三春町に今のシェルターの元となる営業していない元旅館を手に入れたのが2011年12月末

警戒区域に取り残されている犬や猫達にご飯を安定して供給できるようにと

自動給餌器を考え、たくさん作った。

これは上部にたくさんのフード(20キロタイプと40キロタイプの2種類作りました)がしまってあって

それが下のお皿に一定量のフードが自動的に出てくるというものです。

構造はいたってシンプルで 重力とフードの摩擦でそのようになります。

ココから見られます

その後毎日毎日男達で内装工事をして猫の引っ越しを始めたのが2012年3月

その後もどんどん改装(DIY)をしていって (修理しなくてはならない所もたくさんありました)

今では専用の猫部屋が14部屋! 

それから 検疫隔離用の部屋(伝染病を持っていないか調べる為2週間隔離観察する部屋)

が3つで その収容数は14匹!

更に緊急用隔離部屋が5部屋 

それ以外にTNR用の30畳大きさの手術室があります。

この春に、このTNR用手術室を動物病院にすべく、手術室の設計を開始しました。

そして 先ほど話した自動給餌器も

現在までに通算で 550台以上 を生産して被災地の各場所に設置しました。

これらの自動給餌器は現在でもかなりの数が稼働しており

その設置場所は現地で猫達の命を繋ぐ、猫達にとって大切な拠点となっています。

このシェルターが病院機能を持つことになれば 

地域でのTNR普及に大きく役立つし シェルターとしての底力も大きくなります。

そして、将来的には福島のいや日本の猫の安寧の地として 

恒久的に機能させていきたい と考えています。

そのために あなたの力を少し貸してください

シェルターボランティアばかりでなく、各技術系のスキルなどを持った人も募集します。

ウェブデザイナー・カメラマン・印刷業・広告業・看護師・獣医・電気工事・大工・・・・etc

勇気を出して一歩踏み出してください。

あなたの技術や 職経験で猫達を救う手助けができます。

一人一人の力は小さくても 集まれば大きな力に変わります。

自分一人ではできなくても 力を合わせれば できることもあります。

俺は今までそう言い続けて やり続けてきました。

でも、今の俺のまわりの力だけでは さすがにもう全然届きません。

どうか あなたの力を貸してください。

今年一年でこのシェルターの基本系を完成させたい。

そして 何とか運営も軌道に乗せて より多くの猫達を救いたい。

たくさんの猫達を救わせてください。

よろしくお願いします。


今日のおまけ


IMG_0309 (640x640)
パム


IMG_0278 (640x480)
トビー


IMG_0285 (640x640)
アイル


3匹とも人間大好きな超甘えっ子です、この子達の一生の友達 募集しています。


さあ、明日も頑張ろう!



天使のパン 天使の糧 本気で募集中!!

いつもご支援ありがとうございます
本当に感謝です

その上さらにで申し訳ありませんが
どうか引き続きご支援をよろしくお願いします
例えば一日100円一ヶ月で3.000円あれば猫1匹が一ヶ月幸せに暮らせます
細く長くのご支援をよろしくお願いいたします
   ↓
不足していてお願いしたい物資や支援金について



~保護動物を家族に、と考えてくださっている方へ~

保護動物の情報は にゃんだーガード@福島
一匹一匹の様子はボラさん・里親さんによる 保護動物日誌 を見てください



ボラさん常時募集中! 

にゃんだーガードでは猫のお世話以外にも
DIYや人間のお世話など、たくさんの人手が必要です
どうかあなたの力を貸してください
短時間・日帰り・長期、どんな形でもかまいません!
(長期の方には個室があります)

特に平日、地元の方の力が必要です
一日に2時間でも構いません あなたの力を貸してください

常駐スタッフさんも募集しています
ささやかですが^^;お給料もあります



~スタッフブログです~

「幸せへの栖(すみか)にゃんだーガード」是非読んでください
シェルター長のたけちゃんが書いています



にゃんだーガードのテーマソングです






 
少しでも多くの人に見てもらいたいのでクリックお願いします。
FC2ブログランキング その他へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 人気ブログランキング ペット(猫)ブログランキングへ 
3つクリックしてくれた方には、ぶたまるが夢でお礼にうかがいます
夜も多忙のため当分このサービスは中止してるけど ポチはよろしくお願いします^^;
   やる気のある獣医さん にゃんだーガードで働きませんか~? 
テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック