震災を機に福島に移住してシェルターを開設した 暑苦しいハッスル(死語w)オヤジの日記
熊本の大震災で猫と共に避難されている皆さんへ
2016年04月19日 (火) | 編集 |
熊本で大変な地震に遭い避難されている皆さん 毎日大変なことと思います。


避難所では苦しいでしょうが もう少し頑張ってください。



にゃんだーガードは熊本からは遠くて 動物もたくさん保護しているため


熊本まで行くことができず、現地の皆さんたちに何もできない事で毎日悶々としています。


でも、当団体には動物を保護収容できるシェルターがあります。


あなたの猫ちゃんを安全な環境で保護することができます。


もちろん ケージの中できゅうくつな思いをさせることはありません。


ゆったりとした空間の中で自由にストレスなく 過ごすことが可能です。



もし どうしても 猫ちゃんを手元に 置いておく事ができないという方。


当方で保護できるのは10匹までですが、もちろん無償でお預りしますので どうぞ声をかけてください。


なお、当団体の友好団体である 新潟のアニマルフレンズ新潟さんでも 同様に 5匹を受け入れる準備ができています。


避難所での生活はペットにも辛いものですし、飼い主さんもまわりへの気兼ねやペット用品の調達など、大変なことでしょう。


ですので どうか遠慮せずご連絡ください。


まずは半年間までしっかりとお預かりできます、もしそれ以上になりそうな時は お話ししましょう。


連絡はフェイスブックのメッセージか 電話 080-4371-7573 本多まで



なお、これは決して福島の活動を二の次にするという事ではありません。


警戒区域での給餌・保護や地域の犬猫問題への取り組みは、当然ながら従来どおり継続して行っていきます。


皆様からの支援金を熊本の命のためにも使わせていただくことになりますが


どうぞご理解とご協力をお願いいたします。


テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック