震災を機に福島に移住してシェルターを開設した 暑苦しいハッスル(死語w)オヤジの日記
その313 真夏の夜の
2008年08月04日 (月) | 編集 |
☆暑中お見舞い申し上げます☆

ともちゃんです♪

こんなに暑くても、暦の上ではもうすぐ秋。
8月7日には立秋です。

CIMG0208a.jpg

・・・う?ん、確かに。
まだまだ秋ぢゃないよね。
まぁ、「暑さ寒さも・・・」と言われるお彼岸まではまだ1ヵ月半もあるんだし。
仕方ないけれども。

でも立秋を過ぎたら、「残暑お見舞い」に言葉もかわり、
少しずつ、本当に少しずつ、気づかないうちに秋らしくなって行くのでしょうね。

とは言えまだまだ暑いもん(><)


蒸し暑?い夜、と言えばやはり 怪 談 でしょうか。
夏の風物詩、という事で、ここらでひとつ怖い話でも。 

CIMG0225.jpg
「ヤダ。コワイハナシ ナンカ キカナイモン・・・」

めるちゃん、そんなに怖くないって(^^;)




さて。
もう何年も前のこと。
父が仕事先に家の車で出かけた時のことです。

父は普段は車通勤はしていませんでしたが、
たまたまその日は会社ではなく現場(建築関係)に直行、という事で
珍しく車で出かけました。

やはり暑い日で・・・

車の窓は開け放したまま敷地内に停めていたそうです。

すっかり仕事が長引いてしまい、さぁ帰ろうと車に向かったのは夜9時頃。
勿論あたりは真っ暗。
工事現場なので、近くには人家もありません。
車のすぐそばまで寄ったその時。

父の目の前を、ひらりと白い影が横切りました。
暗闇の中でふわりと浮かんだその影は、そのまま暗がりにす?っと消えたそうです。

怖がりの父はぞ?っとしたまま、
「早くここから逃げなくては!」と急いで車に乗り込んだのですが・・・

シートが・・・
たった今まで誰かが座っていたかのように生暖かかったのです。
すっかり度肝を抜かれて、周りを見ないように、とにかく車を走らせて逃げたそうです。




・・・というお話。

CIMG0226.jpg
「確かに、そんなに怖くなかった。」 

でしょ?
でも気分だけでも、少しは涼しくならないかなぁ?



因みに、あまりに恐しい思いをした父は、帰宅してもこの話を家族に話しませんでした。
怖過ぎて話せなかったそうです。


・・・では、なぜ私が知っているのか?


ご想像の通り(?)オチがあります。
翌日、車に乗せてもらった私が車内で発見したモノ。
それは・・・

車のシートにてんてんと残る可愛らしい足あと

泥足で歩いたらしい、白くて小さな肉球のあと。

てん てん てん・・・

窓の開いた車内でのんびり寝ていたのかな☆
それが父がやって来た事で、向こうも慌てて逃げたのでしょう。
にゃんこもビックリしただろうとは思いますが、
多分父の方が怖かったと思います。
まぁ、家まで連れて帰って来ちゃわなくて何よりでした(^^;)


CIMG0234.jpg

最後に目に涼しい氷でも。
では皆様、あとしばらくの暑さ、何とか乗り切りましょう!!




 ちょっぴりひんやりしちゃった↓
 ありがとう?^^v    ありがとう?^^v
 ↑氷が何となく綺麗ね・・・ 
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/04(Mon) 22:47 |   |  #[ 編集]
暑いね。
猫さんが、犯にゃんか!
なるほどねぇ。
この氷、涼しそうだね。

名古屋は今日も37度だね。
東北も暑いよ。28度だ!
2008/08/05(Tue) 11:07 | URL  | 福桃 #a0J2.lfM[ 編集]
福桃さん、こんにちわ☆

そう、猫さんが犯にゃんでした(^^)
怪談でも何でもない。
怯え切っていた父は足跡を見て、一気に脱力したようでした(^m^)

28度!
羨ましい・・・!
うち、クーラーの設定温度が28度・・・(--;)
でもこうも暑いと全然効かないので、段々温度を下げてしまっていますが。
それでも東北にしては暑いんですね(^◇^ ;)
2008/08/05(Tue) 19:04 | URL  | とも #RRGMnmJw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック