震災を機に福島に移住してシェルターを開設した 暑苦しいハッスル(死語w)オヤジの日記
その2037 ここが踏ん張り時 これが最後の賭けです
2017年02月22日 (水) | 編集 |

福島に シェルターをかまえて もうすぐ6年

今まで 本当にいろいろありましたが 何とかシェルターを運営して来ました。

しかし 昨年から 新潟のあにまるガード(旧 アニマルフレンズ)の運営も引き受けるようになり にゃんだーガードの財政は一気に傾きました。

元々 十分な資金があるわけがなく、月々の運営費も不足している状態を僕個人で補填しながら運営をしてきましたが、既に限界を超えてしまい

その上、あにまるガードも守りたいなど僕には無理な事だったのかもしれないがどうしても見ないふりが出来ず後先考えずに乗り出してしまった。

限界を迎える前にと動き始めた、アメリカでの支援拡大も 赤字にこそなっていないが 現時点では 大きな効果は得られず 苦しい日々が続いています。

本当に恥ずかしい話ではありますが、ここにきてシェルタースタッフの給料を支払う事が困難になってしまいました。

こんな状態では、スタッフたちも生活が出来なくなってしまうのでシェルターを去っていってしまうでしょう。

そうなれば、このシェルターで動物の世話をすることができなくなってしまいます。

今まで個人資産を使い 何とか補填してきましたが 

とうとう本当に 僕個人の資金を全て使い切ってしまいました。

アメリカで支援拡大の成果を出せるようにと動いている最中ですが、実際に効果を発揮し始めるのはまだ先で 

どう考えても早くても夏以降と思われます。

つまり それまでの間 何が何でもここを維持しないと 本当に全てがだめになってしまいます。

ここ福島「にゃんだーガード」と 新潟の「あにまるガード」のシェルターは 行き場をなくした動物たちにとっての 

最後の砦 と考えて今までここに来る動物たちの為に進化につぐ進化をさせてきましたが

このままでは今までの努力の成果が全て水泡と帰してしまいます。

そこで 今時点で 何か出来る事を と考えた結果

とにかく 現在いる保護猫と保護犬を 大幅に減らし身軽にして

毎月の経費を抑えることにより、シェルターの経営の安定を図りたいと決断しました。

具体的な計画は、まずは 8月までに        


にゃんだーガード・あにまるガード共に、猫の保護数をそれぞれ現在の半数以下の65匹以下を目標に里親募集を強化していきます。

そして その後 あにまるガードの 猫の大半を にゃんだーガードに移動して 猫は にゃんだーガードで概ね一括保護していきます。

あにまるガードは、犬の保護数を大幅に減らしお世話する人数が減っても対応できるようにします。

保護頭数を身軽にする事により、フード代や病院代等 さまざまな経費を削りあにまるガードは、ペットホテル部門を強化し それを運営の軸にすることで自立採算が取れるようにしていきます。

現在の スタッフ常時5名体制 から 常時3名体制 に 移行することも可能になり、スタッフたちの負担もかなり軽減できるようになると思います。

とにかく このままの状態では、折角ここまで築き上げて作ってきた

動物のためだけを考えたシェルター(施設)を封鎖しなくてはならなくなります。

これを失う事は 福島や新潟の。そして日本の動物たちにとって大変大きな痛手になります。

なので 何が何でも維持させようと 今まで一生懸命努力し続けて来ましたが

残念ながら僕では 力不足でした。

しかしながら まだ 僕は諦めていません 

動物たちの為に 刀折れ矢尽きるまで やり抜くつもりです。


もちろん 最後の最後には 今まで一生懸命作り上げたこのシェルターを手放す事もやぶさかではありません


が、 まだ可能性が少しでも残っているのに諦める事をしたくないのです。


動物たちの為にはなりふり構っていられないのです。


皆様にはお願いばかりで本当に心苦しいのですが

ここ(福島・新潟)にいる動物のため

そしてここの動物たちの為に働いているスタッフたちの為に

どうか皆様のお力を貸してください。

近いうちに 里親募集強化していく収容動物たちの 

写真とプロフィールを アップしていきますのでそれらの拡散を

是非ご協力お願いします。

搬送ボラさんも大募集します。

※お届け範囲も南は九州 北は北海道まで拡大します。

地元の方もお声かけさせて頂きますので 是非お力を貸してください。

そして、これからこれらの目標を達成するまでの数ヶ月の間 
シェルターを維持できるように 
再度 ご支援のご協力をお願いいたします。


本当に、本当に 毎回 お願いばかりで大変心苦しいのですが


ここが正念場と スタッフたちも頑張っておりますので

どうかどうか 応援をお願いいたします。






【ご支援のご協力のお願い】


■支援金について
支援金のご協力をいただける方は、下記口座へお願いいたします
ゆうちょ銀行 二一八(ニイチハチ)支店 
普通口座 3533562 にゃんだーガード
( 記号12130 番号35335621)


※シェルターの維持管理費・収容動物の医療費・給餌保護活動費・TNR費用として大切に使わせて頂いております。
ご支援金を支援頂いたご報告お礼は、代表ブログのトップに掲載しております。
収支報告は、年一回 ホームページ代表ブログ上に掲載されます。こちらを参考にしてください。

支援物資への金銭の同封は、紛失の恐れもありますのでお避けくださいますとありがたいです。 
領収書をご希望の方は、振込日・振込名義・金額・送付先のご住所とお名前を
dorianbutamaro-kanare★yahoo.co.jp(★→@)まで
または、シェルター固定電話0247-73-8915ご連絡ください。
領収書の宛名や但し書きにご希望があれば、その内容もお願いいたします。
※特にご希望のない場合、「振込名義」「支援金」で作成しております

■物資のご協力について
送付先 福島県田村郡三春町山田字福内100-1 にゃんだーガード

現在緊急に必要なものに関して、トップ固定内を編集し、緊急で募集いたしますので、もし宜しければ常にこちらの文章をご確認頂けますと大変助かります!
にゃんだーガード アマゾンほしいものリストは、常時ほしいものを掲載させて頂いています。
支援物資をとご検討下さる際にはぜひご参考にして頂けますとありがたく思います。

シェルターにお送りいただいた支援物資に関しては、毎日その都度到着のご連絡をする余裕がありません。
月に一度ほど掲示板でのご報告とさせていただいておりますのでどうぞご了承ください

■ボランティアについて
現地でお手伝いしていただけるボランティアさんを募集しています
長期~日帰りまで可、シェルターで宿泊できます。

日程・同行人数が決まりましたら、掲示板のボランティア参加表明専用スレッドに書き込むとともに、
注意事項・ボランティア規則の確認をお願いいたします。
新規投稿はせず、上記リンクを開いたら下に行き、件名が Re:【シェルターボランティア参加表明】
の状態で書き込んでください。
  
最寄の社会福祉協議会で 「ボランティア活動保険」の天災タイプにご加入ください。
ご自分の怪我に関しては「自己責任」でも済みますが、他人に怪我をさせた場合や物品を損傷して
損害賠償責任を負われた場合のことをお考えいただき、出発前に必ず加入ください。 
加入の翌日から有効となります。
加入せずに現地へ来られた場合、活動への参加をお断りしたり 活動内容を限定させていただくことがあります。
なお 参加当日の到着時刻変更やキャンセルなどのご連絡は、シェルターへ直接お電話下さい。
メールや掲示板ではチェックが間に合わない場合があります。
シェルター固定電話 0247-73-8915   ※7時から23時まで
テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
その2036 ◇お知らせ◇にゃんだーガードの関係者の皆さまへ封書を送付させて頂いています。
2017年01月26日 (木) | 編集 |

日頃から にゃんだーガードを支えてくださっている皆々様には
いつもお力を貸して頂いて 
多くの動物を救うことが出来ていますこと 大変ありがたく思っております。

にゃんだーガードの活動も、もうすぐ6年
震災からも6年となるわけですが
6年の間に多くの人々と出会い里親さんになって頂いたり
ご支援していただいたり、ボランティアをしていただいたこと
色々な思い出と共に、思い出すたびに感謝の気持ちでいっぱいになります。

「小さな力でも、集まれば大きな力となる。」
代表がいつも皆様にお伝えしている言葉です。

福島の動物たちは 心を寄せてくださった皆様 一人ひとりに支えられて生きる道を与えて頂きました。
皆さんお一人お一人の強い力があったからこそ 
にゃんだーガードは これまで 動物を救う事に邁進して来れました。
この6年間 にゃんだーガードも活動の形 目指す場所を模索しながら ここまで来ました。
今後の 目標を、福島の殺処分ゼロへそして全国の殺処分ゼロを実現するべく頑張らせて頂きたい。

しかし 今、にゃんだーガードの運営自体も 厳しい中で
あにまるガード (旧アニマルフレンズ) の運営も 当団体の代表が担っているため
経営状態が 安定できていません。
そこで、皆様に 大変ご迷惑なのは承知の上で 
にゃんだーガードから
この度 ご支援頂いたり里親になって頂いた皆様に お手紙を出させていただく事にしました。

お名前など もし 間違いがあったら大変申し訳ありません。
里親にもなって下さって 支援もしてくださっている方 ボランティアもして下さっている方などは
もしかしたらダブって お手紙を送付してしまうこともあるかもしれません。
里子に行った子は、そのあとご家族さんが付けてくださったお名前を調べることが出来なかった場合
当団体で名づけた名前で お手紙を書いています。
もし、里子に行った子の近況をお伝え頂くだけでも
スタッフ一同 とっても嬉しくなってしまいますので よろしくお願いします(*^_^*)
※ 宜しかったら、こちら nyanderguard.at.fukushima@gmail.com へご連絡頂けますか(=^・^=)
フェイスブックやブログなどで こちらの近況も知っている方も 
直近でボランティアに来てくださっている方にも送付しています。
中には 当団体の窮地を知っている方もいるかと思いますが
是非  届いた皆様が お読みいただけましたら幸いです。
皆様のお力を 是非 にゃんだーガード・あにまるガードの動物たちに!

にゃんだーガード シェルター長 代田
にゃんだーガード スタッフ一同 

16179097_1087614821349377_399493252813849577_o (400x225)



【ご支援のご協力のお願い】


■支援金について
支援金のご協力をいただける方は、下記口座へお願いいたします
ゆうちょ銀行 二一八(ニイチハチ)支店 
普通口座 3533562 にゃんだーガード
( 記号12130 番号35335621)


※シェルターの維持管理費・収容動物の医療費・給餌保護活動費・TNR費用として大切に使わせて頂いております。
ご支援金を支援頂いたご報告お礼は、代表ブログのトップに掲載しております。
収支報告は、年一回 ホームページ代表ブログ上に掲載されます。こちらを参考にしてください。

支援物資への金銭の同封は、紛失の恐れもありますのでお避けくださいますとありがたいです。 
領収書をご希望の方は、振込日・振込名義・金額・送付先のご住所とお名前を
dorianbutamaro-kanare★yahoo.co.jp(★→@)まで
または、シェルター固定電話0247-73-8915ご連絡ください。
領収書の宛名や但し書きにご希望があれば、その内容もお願いいたします。
※特にご希望のない場合、「振込名義」「支援金」で作成しております

■物資のご協力について
送付先 福島県田村郡三春町山田字福内100-1 にゃんだーガード

現在緊急に必要なものに関して、トップ固定内を編集し、緊急で募集いたしますので、もし宜しければ常にこちらの文章をご確認頂けますと大変助かります!
にゃんだーガード アマゾンほしいものリストは、常時ほしいものを掲載させて頂いています。
支援物資をとご検討下さる際にはぜひご参考にして頂けますとありがたく思います。

シェルターにお送りいただいた支援物資に関しては、毎日その都度到着のご連絡をする余裕がありません。
月に一度ほど掲示板でのご報告とさせていただいておりますのでどうぞご了承ください

■ボランティアについて
現地でお手伝いしていただけるボランティアさんを募集しています
長期~日帰りまで可、シェルターで宿泊できます。

日程・同行人数が決まりましたら、掲示板のボランティア参加表明専用スレッドに書き込むとともに、
注意事項・ボランティア規則の確認をお願いいたします。
新規投稿はせず、上記リンクを開いたら下に行き、件名が Re:【シェルターボランティア参加表明】
の状態で書き込んでください。
  
最寄の社会福祉協議会で 「ボランティア活動保険」の天災タイプにご加入ください。
ご自分の怪我に関しては「自己責任」でも済みますが、他人に怪我をさせた場合や物品を損傷して
損害賠償責任を負われた場合のことをお考えいただき、出発前に必ず加入ください。 
加入の翌日から有効となります。
加入せずに現地へ来られた場合、活動への参加をお断りしたり 活動内容を限定させていただくことがあります。
なお 参加当日の到着時刻変更やキャンセルなどのご連絡は、シェルターへ直接お電話下さい。
メールや掲示板ではチェックが間に合わない場合があります。
シェルター固定電話 0247-73-8915   ※7時から23時まで
テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
その2034 再会できたペット トトさん
2017年01月19日 (木) | 編集 |

この子誰だか解ります?
15937290_1080077662103093_3699545086992382822_o (222x400) (222x400)

はい(*^_^*)
前ににゃんだーにいたトトさんです。

cat401-3[1] (400x267)



今では、飼い主さんのもとに戻りのんびり暮らしています。

トトさんを保護したのは、2013年12月
私自身が、このシェルターに入る少し前でした。
原発事故により離れ離れになってしまって
2年9ヶ月の放浪の末やっと保護することの出来たトトさん

2013121011473329f (240x320)


穏やかで人が大好きで
最近では貫禄すらあって。
でもちょっとお年をとってきてしまって
腎臓もだんだんと悪くなってきています。

長生きしてほしいな~と願うばかりです。

震災後、避難を余儀なくされた飼い主さん
お父さんは病気で車を運転出来なかったため
避難後半年くらいはまったくご自宅に帰る術すらありませんでした。

その後、お母さんが動物愛護団体の方々とつながり自宅の猫達の保護に乗り出します。
半年以上たってからの捜索です。やっとたどり着いたときもう家に寄りついている猫すらいなくて大変悲しかったと言います。
しかし、愛護団体の皆さんがわりと近くにご飯を置いていたこともあり飼い猫の何匹かは命を繋いでいました。
でもまだ見つかっていない子も多くいます。

人知れず亡くなってしまった子もいるのにその証拠が無ければ納得は出来ず
気持ちや思いだけが彷徨い続ける。

トトを救出出来たときは、一緒にレスキューに行っていた飼い主さんですが
昨年大きい手術をしてからはまだご自宅にも帰れていません。

年々体力も衰えて来ていますが
帰町するのを励みにお父さんと今は仮のお宅で生活しています。
自宅は帰還困難区域に指定されており
解除の目途が経っていません。

トトのように命を繋いでいる子がまだいます。

再会できた子と再会できなかった子
その境は私たち人間の努力が足りなかったのかもしれません。
6年という年月は、ペットにとってとても長い。
人の愛情に、そしてぬくもりに早く包んであげたい。



【ご支援のご協力のお願い】


■支援金について
支援金のご協力をいただける方は、下記口座へお願いいたします
ゆうちょ銀行 二一八(ニイチハチ)支店 
普通口座 3533562 にゃんだーガード
( 記号12130 番号35335621)


※シェルターの維持管理費・収容動物の医療費・給餌保護活動費・TNR費用として大切に使わせて頂いております。
ご支援金を支援頂いたご報告お礼は、代表ブログのトップに掲載しております。
収支報告は、年一回 ホームページ代表ブログ上に掲載されます。こちらを参考にしてください。

支援物資への金銭の同封は、紛失の恐れもありますのでお避けくださいますとありがたいです。 
領収書をご希望の方は、振込日・振込名義・金額・送付先のご住所とお名前を
dorianbutamaro-kanare★yahoo.co.jp(★→@)まで
または、シェルター固定電話0247-73-8915ご連絡ください。
領収書の宛名や但し書きにご希望があれば、その内容もお願いいたします。
※特にご希望のない場合、「振込名義」「支援金」で作成しております

■物資のご協力について
送付先 福島県田村郡三春町山田字福内100-1 にゃんだーガード

現在緊急に必要なものに関して、トップ固定内を編集し、緊急で募集いたしますので、もし宜しければ常にこちらの文章をご確認頂けますと大変助かります!
にゃんだーガード アマゾンほしいものリストは、常時ほしいものを掲載させて頂いています。
支援物資をとご検討下さる際にはぜひご参考にして頂けますとありがたく思います。

シェルターにお送りいただいた支援物資に関しては、毎日その都度到着のご連絡をする余裕がありません。
月に一度ほど掲示板でのご報告とさせていただいておりますのでどうぞご了承ください

■ボランティアについて
現地でお手伝いしていただけるボランティアさんを募集しています
長期~日帰りまで可、シェルターで宿泊できます。

日程・同行人数が決まりましたら、掲示板のボランティア参加表明専用スレッドに書き込むとともに、
注意事項・ボランティア規則の確認をお願いいたします。
新規投稿はせず、上記リンクを開いたら下に行き、件名が Re:【シェルターボランティア参加表明】
の状態で書き込んでください。
  
最寄の社会福祉協議会で 「ボランティア活動保険」の天災タイプにご加入ください。
ご自分の怪我に関しては「自己責任」でも済みますが、他人に怪我をさせた場合や物品を損傷して
損害賠償責任を負われた場合のことをお考えいただき、出発前に必ず加入ください。 
加入の翌日から有効となります。
加入せずに現地へ来られた場合、活動への参加をお断りしたり 活動内容を限定させていただくことがあります。
なお 参加当日の到着時刻変更やキャンセルなどのご連絡は、シェルターへ直接お電話下さい。
メールや掲示板ではチェックが間に合わない場合があります。
シェルター固定電話 0247-73-8915   ※7時から23時まで



テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
その2033 再会できたペット。当時を思い出して
2017年01月18日 (水) | 編集 |
この話はとても懐かしい。


あの頃は、活動全てを書くことはできなかったので あっさりとした記事しか書けなかったけど、


実はあの頃は毎日凄いドラマが本当に立て続けに起きていた。


ジョン君の救出作戦は本当に大変だった・・・


車の前部が1.3メートルの崖に落てしまうし(詳しくは記事内のリンクから見に行けます^^;)車の脱出作業をしているときには大雨が降るし・・・


でも、何とか脱出に成功してジョン君の家に着いたら ジョン君がいない。


おかしいおかしいって みんなで言ってたら 誰かが急に 


あ! たぬきがいない!! って 素っ頓狂な声で叫んだ。


何の事かと思ったら 新聞記事に載っていた ジョン君の家の玄関には 大きな狸の置物が有ったのに この家にはないという


つまり 家を間違えたのか?


あの当時は  原因不明なのだけどナビが正確に動いてくれないことが多かった・・・


だから 近くまでは来ていても 本当の家には案内してもらえなかったみたいだ


で、みんなで一斉に近所の家に走っていったところ 隣の家 (と言っても100メートルくらい離れていたような気がするけど)
から 


あー! たぬきー!!  ジョンー!!


と言う声が聞こえてみんなが一斉にその家に向かう


そこで俺が目にしたのは ジョンを見つけて興奮したたけっち(現シェルター長)が 両手を広げて大きな声で


ジョンー! ジョンー! って 走っていったのはいいけど 


それにビビったジョンが


 悲鳴を上げながら 逃げ回っていた!!  爆笑!!


帰りには 警戒区域内で 2回もパトカーに捕捉されたけど 何故だか 2回とも見逃してもらえた。。。


無事に警戒区域から脱出したときには 本当にみんなで 作戦成功を祝ったなー。 


では 本編





先日とても久しぶりな方から連絡を頂いて知ったのですが

皆さんは、2011年の9月に救う事が出来た

大熊町のジョン君を覚えていますか?

ジョン君ですが 昨年の11月に高齢の為に亡くなったというご連絡でした。


当時まだ 大熊町の原発から3キロ圏内は 一時帰宅もやっと始まったばかりで

ある地方新聞に、一時帰宅をした家主が
震災から6ヶ月たってやっと帰宅した家に 愛犬がまだ待っていたという記事を掲載しました。


当初、行政や住民によっての一時帰宅時のペットの回収は始まっていましたが
原発の直下のこの区域は、放射線量が高かったためにペットを一時帰宅時に連れて帰ることも許されてはおらず
行政も、線量の高さゆえに立ち入り保護してくること行えないという判断でした。

ジョンの飼い主さんも同じくで 6ヶ月も家で待ち続けたのを知り再会を喜びながらも連れて帰れない
そんな異常な状況で、放射能という未知なものにおびえていた住民さん達はまともな判断が出来なかったそんな時期でした。

しかし、遠くその記事を見た当時のボランティアさんが代表に相談。

その日その場にいた私もレスキューに向かいました。
私達がレスキューの支度に追われている間に
ボランティアさんが飼い主さんを捜して連絡をつけてくれて住所などがあっという間に解りました。

当時、20キロ圏内というのは、車で入れる道路という道路をゲートでふさいで
大きい道路は警察を配置し許可書が無ければ入れませんでした。

しかも、無人ゲートがより強固なものになっていった時期で
一つ目の向かったゲートも、コンクリートブロックでがちがちにふさがれていて、改めて別のルートへ。

通称ぶたまるルートと呼ばれる険しい山道を抜けて大熊町に出ることに成功しました。

このルート、今では解除された地域なので自由に通れる道です。
しかし、とても険しい道で、道が裂けていたりしてダート慣れしていない人にはとても酷なルートなんです。
今も近くを通ると この道の事 思い出すのですが
よく通ったものだなと本当に当時の異常な雰囲気が
「人の出来ない」という状況を「来るもの」にして
多くの命を救う事に繋がったのだと思います。


大熊に出て最短ルートでジョンのいる家に向かうと
ジョンはちゃんとおうちで待っていてくれました。

最初、置物みたいにちょこんと座って
本当に置物なのかと(^_^;)


12000025_763586577083708_1957772504_n[1] (300x400)

11998491_763586603750372_2014419965_n[1] (300x400)

すぐさまリードで捕まえたのですがジョンは少しだけ逃げようとしただけで
私の目を見て大丈夫なの?と語りかけてくれたので
大丈夫。よく頑張ったね。とリードをかけ 車に乗せました。

11997323_763586737083692_443668292_n[1] (300x400)

ここは原発直下 1キロ未満でした。

後でわかったことですが、この日の空間線量は136マイクロシーベルト(地上1m)
現場に来た人間も、長居は無用です。
ゲージに乗せて直ぐにシェルターに向けて出発。



したんだけど・・・

車の中でジョンはウンチをたっぷりし、ゲージをすごい勢いで破壊し出すしまつ。
途中で一旦判断した結果排泄物だけは片づけることに(^_^;)


そこに本当に運悪くパトカーが。
後ろの扉を開けていたので中も見ていたと思う。
それに、許可も無く入っているし
車にはでかでかと動物救護隊のステッカー。
もうダメだ~と思ったのだけど。


警察の方々、解っていて見逃してくれました。
本当にありがたかった。


後日、飼い主さんとも再会が出来

DSCN1278s[1]A5 (400x300)
DSCN1280s[1]はがき (2) (400x300)

避難している先の仮設では飼えないけど
南相馬に住む親せきの家で飼育できるようになったという事で返還することに。

t02200367_0240040011691104047[1]はがき (2) (220x367)

原発事故から5年と8ケ月 保護時の年齢からもそろそろかなとは思っていましたが

ジョンくん旅だったそうです。




もしあの時みんなの力が一つにならなければあの区域から
救う事が出来なかったかもしれない命 だったジョン

再会できずに、その区域の中で死んでしまったかもしれない命
当時出会った子は その時保護できなければ二度と会えない 死んでしまう可能性の高い時期でした。
ルールを破らなくては救えない命が本当に本当に沢山ありました。



にゃんだーガードという団体があってこそ

多くの人間の 力 が重なったからこそ行うことの出来た 数々のレスキュー だと思います。

当時 心同じくして レスキューに参加した皆様
情報をまとめたり 陰ながら応援してくださった皆々様に本当に感謝いたしますm(__)m



近く、ジョンのお墓にお花を添えられればと思います。

ジョンくん やすらかに✿


t02200367_0240040011691104070[1] (220x367)
 


【ご支援のご協力のお願い】

■支援金について
支援金のご協力をいただける方は、下記口座へお願いいたします
ゆうちょ銀行 二一八(ニイチハチ)支店 
普通口座 3533562 にゃんだーガード
( 記号12130 番号35335621)

※シェルターの維持管理費・収容動物の医療費・給餌保護活動費・TNR費用として大切に使わせて頂いております。
ご支援金を支援頂いたご報告お礼は、代表ブログのトップに掲載しております。
収支報告は、年一回 ホームページ代表ブログ上に掲載されます。こちらを参考にしてください。
支援物資への金銭の同封は、紛失の恐れもありますのでお避けくださいますとありがたいです。 
領収書をご希望の方は、振込日・振込名義・金額・送付先のご住所とお名前を
dorianbutamaro-kanare★yahoo.co.jp(★→@)まで
または、シェルター固定電話0247-73-8915ご連絡ください。
領収書の宛名や但し書きにご希望があれば、その内容もお願いいたします。
※特にご希望のない場合、「振込名義」「支援金」で作成しております
■物資のご協力について
送付先 福島県田村郡三春町山田字福内100-1 にゃんだーガード
現在緊急に必要なものに関して、トップ固定内を編集し、緊急で募集いたしますので、もし宜しければ常にこちらの文章をご確認頂けますと大変助かります!
にゃんだーガード アマゾンほしいものリストは、常時ほしいものを掲載させて頂いています。
支援物資をとご検討下さる際にはぜひご参考にして頂けますとありがたく思います。
シェルターにお送りいただいた支援物資に関しては、毎日その都度到着のご連絡をする余裕がありません。
月に一度ほど掲示板でのご報告とさせていただいておりますのでどうぞご了承ください
■ボランティアについて
現地でお手伝いしていただけるボランティアさんを募集しています
長期~日帰りまで可、シェルターで宿泊できます。
日程・同行人数が決まりましたら、掲示板のボランティア参加表明専用スレッドに書き込むとともに、
注意事項・ボランティア規則の確認をお願いいたします。
新規投稿はせず、上記リンクを開いたら下に行き、件名が Re:【シェルターボランティア参加表明】
の状態で書き込んでください。
  
最寄の社会福祉協議会で 「ボランティア活動保険」の天災タイプにご加入ください。
ご自分の怪我に関しては「自己責任」でも済みますが、他人に怪我をさせた場合や物品を損傷して
損害賠償責任を負われた場合のことをお考えいただき、出発前に必ず加入ください。 
加入の翌日から有効となります。
加入せずに現地へ来られた場合、活動への参加をお断りしたり 活動内容を限定させていただくことがあります。
なお 参加当日の到着時刻変更やキャンセルなどのご連絡は、シェルターへ直接お電話下さい。
メールや掲示板ではチェックが間に合わない場合があります。
シェルター固定電話 0247-73-8915   ※7時から23時まで
 
テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
その2032 雪の滝桜 シュワとお散歩
2017年01月17日 (火) | 編集 |

この数日 強い寒波が押し寄せて来ていて 雪の降る日が続いています。
雪の日の 滝桜 を見たくてうずうずしていたので
雪は嫌だけどテンションは上がる。
滝桜 裏側のさくらダム沿いの公園に車を置いてから歩いてくると丁度散歩にいい距離になるの
シュワとお散歩しながら行ってきました。
16114150_1078702438907282_6202162447690649406_n (400x225)
因みに、先口でリカくんとお散歩。
16114470_1078702388907287_5560981347445481742_n (400x225)
リカは寒すぎるほど元気が出るみたいで
ひっぱられまくり。
いっそ ソリ を持参してひっぱってもらおうかと考え中(笑)


一面真っ白に覆われた中の滝桜やっぱり良いですね♪
16105483_1078702312240628_1369678559386437195_n (220x400)
15966234_1078702235573969_5956353818350324148_n (220x400)
雪の重みに耐えられるように、町あげて管理をしているから
3年前の大雪の時も枝を折る事が無かったみたいです。
大切に大切にこれからも見守っていくのでしょうね(*^_^*)
16105526_1078702158907310_2050331313217686597_n (220x400)
15977402_1078702128907313_6691484263427312358_n (220x400)
シュワと滝桜で撮りたいのだけど
カメラのシャッターに合せて ワザとのように動いてくれるので
まったく良い写真は撮れません!
おやつおやつと食欲魔犬のシュワくんです。
食べ物でつってやっと撮れた。
15940644_1078702102240649_7411605499813371009_n (220x400)
15940629_1078702212240638_8170680171477782108_n (220x400)

みんなお年寄わんこなのになんでこんなに元気なの!って言うくらい。
私は、雪に足をとられたり歩いて来たり 散歩 二回戦目で疲れているので。
早くしてよと言われる始末・・・
15940761_1078702035573989_2930899761720497495_n (1) (220x400)
寒いほど元気なわんこたち
15965979_1078702355573957_2772653414283156352_n (220x400)
本当に幸せそうに歩いてくれる。
シュワは車が大好きなのでまた来たいし、どっかお出かけできると良いな~(*^_^*)

そうそう滝桜はライブカメラがついていて様子を見ることが出来ます。
さっき行って来た今日のリカの散歩時は猛吹雪。
滝桜も同じくなのですがライブカメラ覗いてみてください。雪がめっちゃ降っている滝桜もまたいいです。
昨日はそういえばカップルがいたな~(●^o^●)
そうそう!今日は 三春町だるま市です(●^o^●)
行きたいけど~行けないかな・・・
しかも大雪~


滝桜✿
樹齢推定1000年超のベニシダレザクラ(紅枝垂桜)の巨木。
日本三大桜の一つ
国の天然記念物。三春の滝桜、また単に滝桜とも呼ばれる。
にゃんだーガード 英語版のブログ が出来ました(*^_^*)
なんと、保護猫のチャタの里親さんが書いてくださいています。
きっと表現しにくい言葉が多いと思いますが(^_^;)訳をお手間掛けます。ありがとうございます!


【ご支援のご協力のお願い】

■支援金について
支援金のご協力をいただける方は、下記口座へお願いいたします
ゆうちょ銀行 二一八(ニイチハチ)支店 
普通口座 3533562 にゃんだーガード
( 記号12130 番号35335621)

※シェルターの維持管理費・収容動物の医療費・給餌保護活動費・TNR費用として大切に使わせて頂いております。
ご支援金を支援頂いたご報告お礼は、代表ブログのトップに掲載しております。
収支報告は、年一回 ホームページ代表ブログ上に掲載されます。こちらを参考にしてください。
支援物資への金銭の同封は、紛失の恐れもありますのでお避けくださいますとありがたいです。 
領収書をご希望の方は、振込日・振込名義・金額・送付先のご住所とお名前を
dorianbutamaro-kanare★yahoo.co.jp(★→@)まで
または、シェルター固定電話0247-73-8915ご連絡ください。
領収書の宛名や但し書きにご希望があれば、その内容もお願いいたします。
※特にご希望のない場合、「振込名義」「支援金」で作成しております
■物資のご協力について
送付先 福島県田村郡三春町山田字福内100-1 にゃんだーガード
現在緊急に必要なものに関して、トップ固定内を編集し、緊急で募集いたしますので、もし宜しければ常にこちらの文章をご確認頂けますと大変助かります!
にゃんだーガード アマゾンほしいものリストは、常時ほしいものを掲載させて頂いています。
支援物資をとご検討下さる際にはぜひご参考にして頂けますとありがたく思います。
シェルターにお送りいただいた支援物資に関しては、毎日その都度到着のご連絡をする余裕がありません。
月に一度ほど掲示板でのご報告とさせていただいておりますのでどうぞご了承ください
■ボランティアについて
現地でお手伝いしていただけるボランティアさんを募集しています
長期~日帰りまで可、シェルターで宿泊できます。
日程・同行人数が決まりましたら、掲示板のボランティア参加表明専用スレッドに書き込むとともに、
注意事項・ボランティア規則の確認をお願いいたします。
新規投稿はせず、上記リンクを開いたら下に行き、件名が Re:【シェルターボランティア参加表明】
の状態で書き込んでください。
  
最寄の社会福祉協議会で 「ボランティア活動保険」の天災タイプにご加入ください。
ご自分の怪我に関しては「自己責任」でも済みますが、他人に怪我をさせた場合や物品を損傷して
損害賠償責任を負われた場合のことをお考えいただき、出発前に必ず加入ください。 
加入の翌日から有効となります。
加入せずに現地へ来られた場合、活動への参加をお断りしたり 活動内容を限定させていただくことがあります。
なお 参加当日の到着時刻変更やキャンセルなどのご連絡は、シェルターへ直接お電話下さい。
メールや掲示板ではチェックが間に合わない場合があります。
シェルター固定電話 0247-73-8915   ※7時から23時まで
テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット